DeeFatディーファット
オートコンプレッサー / VST2 & VST3 & AU & AAX plug-in

DeeFatは高音質かつ動作が非常に高速な、プロ仕様のオートコンプレッサーです!

動作確認済みのDAWについて

動作確認済みのDAW一覧はこちらです。

  • ProTools 11.x & 12.x & 2018
  • Cubase 8.x 9.x 10.x
  • Ableton Live 9.x
  • SONAR Xx & PLATINUM / CakeWalk
  • Studio One 3.x & 4.x
  • FL Studio 12.x
  • Logic Pro X 10.x
  • GarageBand 10.x
  • Reason 9.5 & 10.x
  • BITWIG STUDIO 2.x
  • ACID Pro 10
  • Digital Performer 10
  • Serato Studio 1.4
  • Ability 3.0 New!

デモ版をダウンロード
※ ご購入前に必ずデモ版にてお使いのDAWでの動作確認をお願いいたします。

Windows版 VST2/VST3/AAX (ZIP 32/64bit)
(DeeFatのみ)

MacOSX版 VST2/VST3/AU/AAX (TGZ 64bit OS 10.11以上
(DeeFatのみ)

全製品のデモを試したい、アップデートをしたい方はこちら New!

Windows版 VST2/VST3/AAX (ZIP 32/64bit)
全製品一括ダウンロード(約220MB)

MacOSX版 VST2/VST3/AU/AAX (TGZ 64bit OS 10.11以上
全製品一括ダウンロード(約120MB)

最新版は2.5.2です
マニュアルもZIP、TGZファイルに含まれています

デモ版は再生時間(処理サンプル数)に制限があります
購入したシリアルキーをデモ版に入力すると制限なしの製品版として使えるようになります
※ 初回認証時のみインターネット接続を必要としますのでご注意下さい

シリアルキーの登録方法はこちらから
購入したシリアルキーのメールが届かない場合につきまして

価格:5,000円(税抜)
【割引サービスについて】
PayPal、ALIPAY、WeChat Payの場合、Twitter等で配布しているクーポンコードを入力すると1,000円割引、既に購入した他のDotecAudio製品のシリアルキーを入力すると1,500円割引でお買い求め頂けます



ALIPAYでご購入はこちらから

WeChat Payでご購入はこちらから
WeChat

クーポンやシリアルキー割引だけでなくまとめ買い割引もある振り込みでのご購入はこちらから

デモ動画

Features

DeeFatは下記の特徴を持つオートコンプレッサーです。

  • ひとつのスライダーだけで太いコンプレッションサウンドが得られます。
  • 高音質かつ動作が非常に高速なためライブでの使用にも適しています。
  • New! BASS ENHANCERが3段階で調整可能になりました。

リリースノート

2020/7/3 Version 2.5.2 :  New!
Retina対応Macでのグラフィック処理を改善しました。

2020/6/23 Version 2.5.1 :  New!
グラフィック処理の改善によりMac版のパフォーマンスが最大300%向上しました。

2017/11/22 Version 2.5.0 :
BASS ENHANCERが3段階で調整可能になりました。

2017/6/7 Version 2.0.0 :
AAXバージョンをリリースしました。
MacOSXの対応が10.9以降から10.7以降になりました。

2017/5/24 Version 2.0.0 :
・中音域の音質が向上しました。
・いくつかのDAWでオートメーションが正常に記録されないバグを修正しました

2016/6/19 Version 1.0.5 :
・一部のDAWで無音時にメーターの表示が不正になるバグを修正しました。

2016/5/16 Version 1.0.4 :
・シリアルキーの誤入力が適切に処理されない問題を修正しました。
・シリアルキー、メールアドレスをAboutダイアログ(ロゴをクリック)に表示するようにしました。

2016/5/2 Version 1.0.3 :
・解析精度の改善により、音質が向上しました。

2016/4/25 Version 1.0.2 :
・オフライン時に正常に起動できないバグを修正しました。
・一部の状況でプラグインが正常に起動できないバグを修正しました。
・プラグイン起動時の処理を改善し、動作パフォーマンスをさらに改善しました。

2016/4/23 Version 1.0.1 :
・画面描画処理を改善し、動作パフォーマンスを改善しました。

2016/04/16 Version 1.0.0 :
最初のリリース